現状のキッチンを自分で採寸する

 今使っているキッチンの採寸をしてみましょう。


キッチン採寸 DIY 測り方


 
キッチンリフォームをDIYする。
キッチンをDIYで取り替えるのに、まずしなくてはいけない【採寸】  

「もう少し調理スペースが欲しい」「キッチンの奥行があれば、楽々炒め物が出来るのに!」

より使い勝手のいいキッチンリフォームをするためには、現状の寸法を把握する必要が あります。システムキッチンの基本編を知るためにも、理解をしてて損はありません。
自分に合ったサイズのキッチンとは・・を追求するために

一度メジャーを手に測ってみましょう!

 

 


キッチンの部屋全体のサイズを測る

まず、お使いのキッチンの寸法を測ってみましょう。

キッチンの部屋全体を測ることで、使い勝手や動線など快適にキッチンを使うには 必ず知っておきたい寸法です。


DIYキッチン 採寸方法

①天井の高さ (窓あれば位置寸法も必要)
②キッチンの横幅(全体)
③キッチンの高さ(天板まで) *身長÷2+約5cmが理想です
④奥行 (60・65・75・90が標準サイズです)

※窓のサイズ(縦・横・奥行)・・・キッチンパネルの割り付けに必要!


L型キッチン 採寸方法 DIY


L型キッチンの場合は、 や ◯ ◯ 測るようにしてください。


DIYキッチン LDK採寸方法



 A・B=LDK全体寸法 (LDK内におけるキッチンスペースを全体でみるため)

C=通路寸法 (冷蔵庫の買い替え時のご注意寸法)

D=キッチン動線の幅寸法 (大体80~110cmがおすすめ)

E=冷蔵庫のサイズ (縦・横・高さ)

F=カップボードや家電置きなどの収納のサイズ (縦・横・高さ)

H=出入口の寸法 (キッチンの搬入経路)

基本はこの寸法が必須です。

是非、ご参考にしてください!





 

キッチンの部分的サイズを測る

キッチンの全体寸法が決まり、サイズが判れば 次はキッチンの部分的サイズ。

主にキッチン作業は、基本

洗う ⇒切る ⇒焼く ⇒盛り付ける ⇒片付ける

です。どれくらいのシンク、調理スペース、コンロ幅が一番快適なのかを把握しなくては いけないのですね。ポイントは今使ってるよりもどうしたいか?が大切なのです!


システムキッチンDIY TOP採寸

A=コンロ横寸法 (調味料置きスペースは主)

B=コンロ幅サイズ (60・75)

C=調理台スペース (まな板を置いても少し余裕あるのがおすすめ)

D=シンクサイズ (幅・奥行・深さ)

E=シンク袖スペース (現状何を置いてるのか?)


DIYキッチン 単体キッチン採寸

①=コンロ台 (幅・高さ・奥行)

②=調理台 (幅・高さ・奥行)

③=流し台 (幅・高さ・奥行) シンク幅も

 ④=吊戸棚 (幅・高さ・奥行)

⑤=レンジフード(換気扇)

今のキッチンをサイズ的にもっとここが広くてもとかをイメージするとよいでしょう!


 

ビルトイン機器のサイズを測る


キッチンDIY機器採寸方法

 

キッチンには、色んなビルトイン機器があります。

そのサイズや配置も様々で、お使いの機器のサイズで快適かどうかも検討されるとよいで

しょう!

⑴加熱機器 (ガスコンロ・IHヒーター 幅が60・75cm)

⑵水栓 (吐水口のカウンターからの高さ)

⑶食洗機 (45・60cmと本体の高さは?)

⑷レンジフード (幅・高さ・奥行*一番出張ってる部分)

 

 

 

 

冷蔵庫や家電製品を測る

ッチンには必要な冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、炊飯器など様々多様な家電製品の

寸法もメモっておきましょう!キッチンよりも買い替え時期が短期間なので将来を見据えて

スペースの確保も大事です。

 

まとめ


キッチンをDIYする場合、色んな採寸が必要なのです。

リフォーム会社などのプロにお願いすると安心して頼めますが、自分で採寸からやっておくと 次の解体、組立への手順の呑み込みがよくなるのです。

自信をもってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 



tel.0800-123-1021
受付:月~土の9:00から19:00まで(日祝休)